2020年11月12日木曜日

 (11/12)当店のランチは11時45分に開店しますが、 11時半に予約を入れてあって既に店の前で待っている、、、 友人の誕生祝のお願いをしてある、、、との電話が入り大慌てで店を開けたのです。 が、どう考えてもその様な電話を受けた覚えが無いので、 何処か他のお店と勘違いされているのでは?とお尋ねした所、 10月30日のパンプローナ宛の発信履歴を見せて下さいました。 いよいよ老化による記憶障害が始まったか?!とうろたえてしまいましたが、 そこにリダイアルしてみると、繋がったのは千葉県にあるパンプローナと言う店でした。 『松川村パンプローナ』で検索してそちらのサイトにあるTELに電話したそうで、 本人は当店に連絡したつもりに成られていた様です。 以前は逆に愛知県の方が愛知県にあるパンプローナに連絡したつもりで 当店に予約を入れてしまったケースもあったので、今後も同様の間違いが起きそうで心配です。 ネットで調べてみると、他に岐阜県や山口県にもパンプローナと言う店があり、 自分で番号を入力すれば、市外局番が違うので気がつくかもしれませんが、 スマホでクリックするだけで繋がってしまう為に気がつかないままになってしまうのでしょう。 間違えて違う土地のパンプローナに電話してしまわない様にくれぐれもご注意して下さいね!


            店の前の公園も随分晩秋の雰囲気に成って来ました。

2020年11月4日水曜日

 (10/27)新潟県糸魚川市にある戸倉山(とぐらやま975.6m)へ登って来ました。 店のご常連さんから良い山があるよと聞いて調べてみると、 ここ最近ご無沙汰していた塩の道(糸魚川から松本へ塩を運ぶ為の古道)の 大網峠越えルート上の角間池から登山道へ入って30分程との事なので、 軽い気持ちで出発点の大網集落という所へ向かいました。 歩き始めは石仏やお地蔵さん等が並んでいて何とも塩の道らしい 良い雰囲気だったのですが、その後どんどんと沢まで下って、 そこからの登りの何ともキツイ事!! 今まで歩いた塩の道とはまるで別格のハードな山歩きになりました。 本当にこんな厳しい所を牛を引いて塩を運んだんでしょうか? 昔の人はスゴイな~!と感心させられる事しきり、、、 3時間程歩いてやっと峠を越えて角間池へ到着。 登山道を登って行くと7人程の登山客が下りて来ました。 殆どの人は白池という所からの様で、そこからだと1時間半程で登れるのだそう、、、 こちらは倍以上の時間をかけてようやく山頂へ辿り着いた時には、 下の方では見えていた雨飾山や焼山等の頚城山塊もすっかり雲がかかっていてガッカリ、、、 それでも辛うじて見えている北アルプス最北部の雪倉岳、朝日岳方面を見ながら 持参のおにぎりでランチをしてから、七色に変化すると言う白池へは、 立ち寄るだけの時間も体力も無かったので、来た道をピストンで戻りましたが、 そこまで下りなくても、、、と言わんばかりに沢まで下りて、 登り返しにしっかり疲れて出発点の大網集落まで2時間半程かけて戻りました。 翌日(翌々日?)の筋肉痛を心配しましたが、 帰路に立ち寄った姫川温泉の泉質が良かったみたいで今回は出ませんでした♪








横川の吊り橋




                           角間池







雪倉岳、朝日岳方面。

 (10/20)店の前の公園がとっても良い感じに紅葉してきたので、 そろそろ紅葉登山に出かけるか、、、と長野市中条(旧中条村)の 虫倉山(むしくらやま1378m)へ登ってみました。

中条村は今は長野市に合併されてしまいましたが、 山姥伝説や、七不思議の伝説、月が三つ見える場所?など 不思議な言伝えが残っている自然がいっぱいの隠里の様な所です。 お隣の小川村で春に行った時にはコロナ騒ぎで買えなかった「おやき」を お昼ご飯用にゲットして、国道からず~っと奥まった所にある 不動滝登山口まで行って、そこから登ってみる事にしました。
が、思っていた程紅葉は進んでいなく、モミジなどはまだ青い位でした。 沢沿いの登山道を登って行くと2組の登山客とすれ違っただけで、 とても静かな感じの里山です。1時間半程で山頂に着きましたが、 紅葉にはまだもうチョッと言った感じでした。 晴れてはいましたが、期待していた北アルプス方面には雲がかかっていて、 遠く八ヶ岳方面はぼんやりと赤岳がみえている、、、と言った感じで 絶景とは程遠い展望にガッカリでした。

それでも、下山途中で、ムキタケとナラタケの株を見つけたので、 少し機嫌を直して帰途に着く事が出来ました。
                ↑上の二つは店の前の公園。




2020年10月15日木曜日

 (10/13)今年初めてのキノコ採りに行って来ました。

例年に比べて遅めな感じの今年のキノコですが、 いくら何でもそろそろなのでは、、、?!と 毎年出かける松川村某所へ行ってみると、、、 ありました、有りました!そこここにいっぱい!!
例年は9月に出るアミタケから、リコボウ(ハナイグチ、ヌメリイグチ) ムラサキシメジ等のお馴染みのものから、 クロカワ、ヌメリスギタケ等初めてのもの、 何だか良く分からないので危うきに近寄らず、、、 で採らないで見るだけにしたものまで様々な種類のキノコが いっぱい出ていました。
アミタケ、リコボウ、ムラサキシメジは茹でると ヌルヌルした食感が美味しいので、大根おろし和えやキノコ汁用に、 初登場の大型新人クロカワは焼いて酢醤油和えにすると 適度な苦みが生きて良い酒のつまみに、、、 ヌメリスギタケはナメコの近種なので汁物に、、、と、 夜は、日本酒を片手にちいさい秋をいっぱい満喫させて頂く事が出来ました。 (翌日はうどんにして食べてみましたが、深い味わいの出汁が出て、 それはそれは美味しいキノコうどんになりました♪)
                  アミタケ
←リコボウ(ハナイグチ) ヌメリスギタケ↓











    

2020年10月1日木曜日

 (9/29)やっと念願の雨飾山(あまかざりやま1963m)に登って来ました!

が、な、なんと、普段の行いの良さを発揮する事が出来ず、 山頂に着いた時にはシッカリ雲の中でした。(泣)
今回は、山頂で山友との待ち合わせがあって頑張って登ったので、 なんとコースタイム4時間を切って登頂してしまいました! 山頂で煩く纏わりつくプチ虫を払いながら 昼ご飯を食べてからもう少し粘ってみましたが、 一向に晴れそうな兆しがなかったので諦めて下山する事に。 3人でお喋りに花を咲かせながら下山してから、 カンパのみで入浴出来る雨飾高原露天風呂でゆったり、 しっかり汗を流して解散。 美しい景色こそ拝めませんでしたが楽しい一日となりました♫
        荒菅沢(あらすげざわ)から布団菱(ふとんびし)を臨む。


           霧の切れ間に女神様の姿が見えました!

 (9/16)日本海へ夕日を見に(魚介類を食べに?)行って来ました。

昨年は雨で断念、1年振りの日本海です。 8月は家庭の事情で行けず、今回初めて9月に行く事になりましたが、 ひと月違うだけでグッと涼しくなってとても快適なキャンプになりました。
今回も地物魚介類を炭火で焼いたり、 刺身にしたりして地酒とビールでしっかり胃袋に収めましたが、 やっぱり浜辺で食べる魚介類の美味しさは格別ですね! それに美しい夕焼けも堪能出来て正に言う事なしでした。
ただ残念な事に家庭の事情で、今回は一泊しか出来ませんでしたが、 翌日の朝焼けの素晴らしさ、そして朝割で入れた金太郎温泉の泉質の良さ、 お馴染みの寿司屋で地場物のネタに舌鼓を打ち、 富山県を味わい尽くす事が出来て大満足でした。 山も大好きですが、やっぱり海もイイですね! 素適な心の(目とお腹の?)洗濯に成りました~♫

                   翌朝の朝焼け
 
←右から鹿島槍ヶ岳、五竜岳、唐松岳。
(安曇野側と丁度正反対に見える)      
    

2020年9月3日木曜日

 (9/1)まだまだ残暑が厳しいので、う~んと涼しげな所を歩きに行こ~う! と大桑村の阿寺渓谷(あてらけいこく)まで車を走らせました。 が、出かけるのが遅くなって見事に朝の通勤ラッシュに巻き込まれた為に 3時間近くもかかってやっと現地に到着、疲れた~!大桑村は遠かった~!! (帰路は2時間程でしたが、、、)

夏休みの規制も解除され9月1日からは車が入れる様になってはいたのですが、 それだとトレーニングにならないので、一番下の駐車場に停めて 川の脇の舗装路をひたすら上って行く事にしました。 あっちこっちに動物の名前の付いた淵があり、 滝もいくつかあって、下りたり上がったり、 途中にある遊歩道も歩いたりしながら合計3時間近くもかかって 上の吉報の滝まで行ってからUターン。 下りは1時間半程で駐車場まで戻りましたが、 アスファルトの舗装路は暑くて(河原は涼しいのですが) 足に優しくないので結構疲れました。 が、雨が降っても濁らない、、、と言う透明度の高い水の流れや、 エメラルド・グリーンの深い淵の深遠な美しさは、 いつまでもず~っと見ていたくなるほどの素晴らしさでした♪





2020年8月25日火曜日

 (8/18)お盆が終わってもまだまだ暑い日が続いているので、 駒ケ根市まで足を延ばしてロープウェイで2612mの 中央アルプスの千畳敷カールまで登ってみました。

7分チョッとで1000m近くを一騎に移動してしまうんですから、 何とも楽ちんこの上無いのですが、 そのロープウェイに乗り込むまでがもう大変でした。

朝早起きして高速を飛ばして駒ケ根の菅の台バスセンターへ着くと、 お盆後の平日だと言うのに既に人がいっぱい!2台目のバスに乗り込んで、 しらび平駅まで向かいましたが、これが意外に遠いのです。

千畳敷駅を8時45分頃出発して登山道を登って行きましたが、 周りの人達のペースの早い事ったら、、、! 既に2600mを超えていて空気が薄いので、 なるべくゆっくりと登って行きましたが、 結構な急登なので、すぐに息が上がってしまいます。 休み休み登って行きましたが、それでもほぼコースタイムで乗越浄土に到着!

そこから岩々した宝剣岳(2931m)へ登ってみましたが、 思っていた以上にアッと言う間に登れたので(20分位?)驚きました。 が、久し振りの岩登りだったので結構足に来たみたいで、 その後の中岳(2925m)までが大変でした。

そこから登り返して丁度正午に木曽駒ケ岳(2956m)へ無事登頂! が、残念な事に、朝の内は見えていた 南アルプスや乗鞍~北アルプス方面が雲で隠れていました。

ず~っと見えていた八ヶ岳方面を眺めながら、 持参のおにぎりで昼食をとってから下山しましたが、 帰路は1時間チョッとで千畳敷駅へ着いてしまいました。

宝剣岳と天狗岩(右下)
              宝剣岳と天狗岩(右)


     







南アルプスの山々  
                 千畳敷カール

2020年8月14日金曜日

 (8/4)やっと梅雨が明けたので、白馬五竜岳のテレキャビンを利用して
遠見尾根まで行って来ました。

朝8時にテレキャビンを下りてすぐの白馬五竜高山植物園をぶらぶら歩いてから
丁度開花時期だったコマクサなどを見ながら登って行きましたが、、、
何か小さいのです!チングルマなども小振りでイマイチ元気がないみたいです。
やっぱり厳しい自然の中を生き抜いている山頂付近のものとは、

大きさや美しさがまるで違っている様です。

1時間50分程?歩いて小遠見山(ことおみやま2007m)の山頂へ着くと、
それまで薄曇り状態だった白馬三山や唐松岳~五竜岳、鹿島槍ヶ岳北峰等が
結構ハッキリと見えてきました!
もっと近くまで行けば鹿島槍の南峰も見えるのでは、、、と、
大遠見山(おおとおみやま2106m)まで登ってみましたが、
着いた頃には雲がかかってきて、南峰は何とか見えたものの
良い写真を撮る事が出来ませんでした。残念~!!

それでも下山途中でトレイルランの世界チャンピオンの上田瑠偉選手と
話すチャンスがあって大いに盛り上がりました。
(彼らはテレキャビンを使わず下から五竜岳まで駆け登って帰って来た所でしたが、
息一つ切らしてなく、その若さとパワーがとても眩しかった♪)


ツリガネニンジン(左)とヤマハハコ(上)
雲の取れてきた唐松岳。左端に見えるのは大黒岳
唐松岳と左端に大黒岳。
        五竜岳の山頂が間近に見えました。

鹿島槍ヶ岳のカクネ里雪渓は氷河だそう、、、

2020年7月2日木曜日



 (6/23)昨夜まで雨が降っていたので諦めていましたが、
今朝はスッキリと晴れて北アルプスがバッチリ!!
これは出かけない手はないぞ~!と急いで朝食をとって
信州新町の長者山(ちょうじゃやま1159.8m)へ向かいました。

山の家という所まで舗装路で行け、
そこからだと20分?程で山頂まで登れるのですが、
それだとあまりに物足りないので、
左右集落という所からの登山道を歩く事にしました。

最初はなだらかですが、途中に急な所があって、
山の家の近くに出るとそこから暫く林道を歩き、
最後にチョッとだけ急な箇所を登って山頂へ到着しました。(2時間弱位?)

着いてみてビックリ!!何と眺めの良い所なんでしょう♫
後立山連峰はもちろん北アルプスの表銀座から裏銀座方面まで見渡せます。
その上、燕岳の隣に槍ヶ岳のてっぺんまで見えます。とっても得した気分です♪

丁度アザミの花が咲いていてアゲハ蝶もいっぱい!正に秘密の楽園の様♪ 
カエデが多いので秋にはきっと素適な紅葉が見られるのではないでしょうか?

ず~っとそこに居たい、、、という思いを振り切って山頂を後にしましたが、
充実感いっぱいの大満足な休日となりました♫
白馬三山の雄姿
鹿島槍ヶ岳

烏帽子岳~野口五郎岳
大天井岳の右に槍ヶ岳の穂先が!

常念岳は前常念岳が左に見えます。

大町ダムがすぐ近くに見えました。


2020年6月18日木曜日

(6/16)例年よりも1~2週間程早めでしたが、
今年は暑いのでそろそろかな~?と、梅雨の中休みの朝、
早起きして安曇野市明科の某所へ桑の実(クワズミ)を採りに出かけました。

しかし、いつもの場所は伐採されてほとんどが
ワイン用のブドウ畑に変わっていました。
それでもまだ少しは残っている木を見つけ、
大きなブルーシートを広げて枝を揺すってみましたが、
全く落ちてきません。まだまだ早過ぎたのです。

又来週出直しか、、、と、そそくさと撤退しましたが、
今後の事も考えてもっといっぱい桑の木が残っている場所を探しておこう、、、と
何キロか南へと車を走らせてみました。
すると、ナタを持ったオジサンに「泥棒に来たのかい?」と聞かれてビックリ!
折悪く?ハチク(淡竹)の時期だったのです。
見渡せば道端のあちこちにタケノコがニョキニョキと頭を出していました。

「クワの実です!」「それなら直ぐ上にあるよ、、、」
疑わしそうにこちらを見ていましたが、有りましたありました!!
道路にいっぱい落ちています。

早速道端に車を停めて、シートを広げて枝を揺すってみると、
ボタボタ、、、と、まだ小振りでしたが熟した桑の実がいっぱい落ちてきました。
少しずつ移動しながら1時間程?繰り返すと暑くてヘトヘトになりましたが、
先ず先ずの量が採れたので目出度く終了!
来年からは直接こちらへお邪魔する事にします♪

(後の方の写真は前日に店の庭で採ったユスラウメ。
どちらもジャムにして店のデザートに使ったりします)

最初に行った場所の桑の実はまだ熟していませんでした。

このカゴで2つ分ぐらい採れました!

店前のユスラウメの実

大きさはイクラとミニトマトの中間ぐらいの大きさです。

2020年6月10日水曜日


(6/9)暑いですね~!
連日30℃越えのここ安曇野ですが、
せっかく晴れているんだから何処か涼しい所でも歩きたいな~!
と言う事で、今回はチョッとだけ遠出して
蓼科高原の『白駒池』から『にゅう』(標高2352m)へ登ってみる事にしました。

下界は30℃以上でも、
白駒池自体が既に標高2100m以上にあるので
とっても涼しいです。(20℃以下?)

池の周りは観光客でいっぱいだったので、
そそくさと登山口へと向かい、
ジブリの様な苔でいっぱいの原生林を歩きます。

暫くなだらかな登りが続いた後、急に斜度がキツくなり、
いきなり視界が開けて、ゴツゴツした岩稜の山頂が現れ、
目の前に天狗岳や硫黄岳などの北八ヶ岳の山々が見渡せました。

靄っていたので、北アルプスや中央アルプスは薄っすらとしか見えず、
チョッとイマイチ~な感じでしたが、
スッキリと晴れた日には、硫黄岳の裾の方に富士山まで見えるのだそうです。
それでも、さわやかな涼風に吹かれて360度の大パノラマを
眺めながらのランチは又格別!!

せっかくだから、、、と欲張ってお隣の中山~高見石と周って白駒池へと戻りましたが、こちらは北側の為か登山道にはまだ雪が結構残っていて、
滑らない様に注意しながら下山したので、結構疲れ果てました。
(直接白駒池へ下りれば1時間程なのですが、
こちらだと3時間ちょとはかかった様です。)
まるでジブリの世界です♪

頂上から見た白駒池

縞枯れ現象が良く見えました。(後方は蓼科山)

中山側の登山道は雪が結構残っていました。

白駒池

2020年6月6日土曜日

(6/2)以前から行ってみたいと思っていた
松本市の烏帽子岩(えぼしいわ1621m)まで行って来ました。

県道美ヶ原公園線の武石峠からの林道を行くコースだと
20~30分程で行けるみたいなのですが、
それだと余りトレーニングにならないし、
その反対にある戸谷峰(とやみね1629m)から
三才山(みさやま1605m)へ縦走してから烏帽子岩へ
回って戻るコースも結構人気らしいのですが、
それだと今度は体力的にも時間的にもチョッとキツそうなので、
今回は一ノ瀬出合ドライブインという所から
直接烏帽子岩を目指すコースにしました。

しかしのっけから結構な登りがだらだらと続き、
以前戸谷峰に登った時よりも大変な感じです。
それに何故かコゴミの大郡落は在りましたが、他の山菜類も少なく、
時季的なものか花々も少なく、あまり変化のない登山道なので、
こんだけ歩いてもまだ着かないの~?ってな感じで2時間半程?歩き疲れた頃に、
いきなり風景が開けて烏帽子岩が見えました!
凄いです!!眺め良し~です♫一騎に報われました!

写真だと大きさが分かり辛いかもしれませんが、
結構な大きさです。高さは20m位あるでしょうか?
ワニの様にもゴジラの様にも見えます。
(武石峠側からだとちゃんと烏帽子の様に見えるそうです。)

その直ぐ上に烏帽子大権現というお宮があって、
ここは女鳥羽川の源流の水神様だそうで、
その昔は雨乞いの儀式なんかも執り行われたとか、、、
その下の眺めの良い大岩の上でオヤツしてから下山しましたが、
だらだらと続く変化の無い登山道は(良く整備されてはいるのですが)
折からの暑さも手伝って(28℃位?)結構疲れ果てました。
コゴミの大群落

単調なコースだったので、シマリス君には癒されました。