2018年8月29日水曜日

(8/22)今年も日本海に夕日を見に行って来ました!
昨年は2度の大雨で大変な目に遭いましたが、
今年は何と3日間とも好天に恵まれて、
日頃の行いの良さを存分に発揮出来た感じです。


いつもの様に地元の魚屋さんで新鮮な魚介類を仕入れてから、
テント設営、炭熾し、食事の下拵えなどをテキパキとやったら、
何と日没の一時間半前に準備完了!!今回は余裕を持って日没を迎えられました♪

早くスタートした分、9時過ぎにはお酒も廻って早々に就寝。
翌朝は4時前に起き出して、サンドイッチを作ってから一路立山へと向かいました。


今回のお目当ては、この所ハマッている滝見シリーズで、
先日NHKのTVでも放送されていた日本一の落差を誇る『称名の滝』です。
一体350mの滝ってどんな感じなのか?と勇んで出かけましたが、
高すぎて逆に高さが分からない位の高さ?でした。


しぶきの量が半端なく多いので、その辺りだけ常に霧の様な雨が降り続いているみたいです。
そこから八郎坂という急な坂道を登ってその上の『弥陀ヶ原』という高層湿原を
目指しましたが、登って行くに従って少しずつ上の滝壺が見えてきて、
最後に一番上の『称名廊下』というV字谷が見えました。


そこから『弥陀ヶ原』へと向かったのですが、木道が傾いていたり、
腐っていたり、笹で覆われていたりと荒れ放題、で暑さも手伝ってグッタリ、、、
この所の日照り続きで枯れている池塘(池)も多くてイマイチ~な感じでした。
高層湿原はやっぱり色んな花々が咲き乱れる初夏に来たいですね、、、


すっかり疲れ果てたので帰りはバスとケーブルカーを使って楽チンして下山し、
地元の人に教えて貰った温泉で汗を流してから帰ったので、
翌朝は筋肉痛にもならなくて済みました♪

2018年8月13日月曜日

(8/5)暑さもたけなわな日曜日(5日)の夜、
今年も私の母校のジャズ研夏合宿がパンプローナで盛大に開催されました。
私の母校のジャズ研の仲間とその関係者達が毎年あちこちから安曇野へ集まって、
セッションしたり、飲んで食べて騒いで(こちらがメイン?)楽しい夜を
満喫する、、、
というこの催しもかれこれ15回目にもなって、
甲子園にも負けない程の?夏の風物詩の一つになって来た感じです。

今回は関東方面から16名、安曇野からウチ等夫婦を入れて4名、
総勢20名が狭い店内でわんわんと熱気を発散させまくった為に、
店のエアコンも能力の限界を越えて、最後にはウチワパタパタ、、、
と名古屋場所状態に、、
更にその暑さに油を注ぐ様な熱~いセッションが繰り広げられたので、
熱中症にならないか?と心配しましたがなんとか無事に終了する事が出来ました。

遠い所から暑い中を来て頂いた方々、そして近くから初めてご参加の方々、
皆それぞれの個性を発揮してくれたので、色彩豊かでバリエーションに富んだ
思いで残る良い合宿になりました。お疲れ様、そしてありがとうございました。
来年度も又パンプローナに集まって下さいね~♪♪


2018年8月4日土曜日


(8/1)先週行った乗鞍の滝巡りですっかり味をしめたので、
今週は須坂の米子大瀑布へ行って見る事にしました。


こちらはNHK大河ドラマ『真田丸』のオープニングで使われたので、
ご存知の方も多いかと思いますが、乗鞍の『三本滝』と同様
日本の滝百選の一つに数えられている超有名スポットです。

朝に用事があった為出かけるのが遅くなってしまいましたが、
一時間半ちょっとで駐車場へ無事到着。(結構な山奥です)
そこから順路に従って30分程?山道を歩きますが、
暑いし結構アップダウンがあって大変でした。

最初に『不動滝』(85m)、そして少し離れて『権現滝』(75m)と
高さのある二つの滝が現れます。
が、どちらも思っていたよりも水量が少ないし、
乗鞍の様に近くまで寄れないのでイマイチな感じがしました。
日照り続きで雨が少なかった影響も大きかったかも知れません。


その後2本の滝を一度に見れる硫黄鉱山跡地
(その昔は随分大きな施設があったらしい)から滝を眺めながらランチタイム。
(ここから見える景色は正に『真田丸』です!)

帰路須坂市の蔵のある街並をぶらつきながら、
順路とは逆に廻ったほうが(最初はひたすら登りで大変なのですが)、
樹林帯から開けた高台に出て、そこで2つの滝が一度に眼前に現れるので、
より感動が大きいのではないか?そこで食事を取って鉱山跡の説明等を
読んでから権現滝、不動滝へと廻るほうが
よりドラマチックで面白いのでは?と思ったりしながら帰りました。
(紅葉シーズン時や動物園も行って見たいです♪)

権現滝


不動の滝




















不動の滝


2018年7月29日日曜日

(7/25)今年の夏は本当に暑いです!
この所歩いていないのでどっか涼しい所を歩きたいね~!と言う事で昨日乗鞍高原へ滝巡りに行って来ました。
家から1時間半程車を走らせて、先ずは一番手前の「番所大滝」へ、、、
行って見ると思っていた以上に大きくて大迫力(高さ40m)!!滝の飛沫がマイナスイオンを大発生させているのでとっても涼しいんです♪
滝を見る為には、結構な坂道を下りなければならないし、見終わった後には又そこを登らなければならない、、、と言う大変な労力?がいるのですが、その清涼感は元を取って余りある程の素晴らしさでした♪
これはイイぞ~!!と次に「善五郎の滝」近くの駐車場へ車を止めて、そこから乗鞍岳登山道を「三本滝」まで歩いて登る事にしました。が、この登山道はなだらかなのですがとにかく暑い!!約1時間半程登って下りて「三本滝」へ到着。(バス停からは歩いて15分程なので、観光客も結構いましたが)着いてみてその迫力には本当に驚かされました。番所大滝よりも更に大迫力!(最長部は50m)3本のタイプが異なった滝がいっぺんに見られるのです!そして滝壺の深い碧色の美しさには大自然の持つパワーを感じました。本当に感激ものです!!滝に打たれる修行者の気持ちが分る様な気がしました。そして日当たりが良いのにとっても涼しいので、暑い中を歩いてきた疲れも一騎に吹っ飛びました。

その後昼食をとってから、トレッキングコースを下って「善五郎の滝」へと向かいましたが、こちらはバス停や宿泊所から更に近いだけあって観光客や遠足の小学生やらで大賑わい、、、高さは一番低い(30m)ですが幅が広くて水量も豊富、飛沫も一番多く、ずっと居るとビッショになるほどです。
乗鞍岳をバックに見れるのはここだけみたいです。が、「三本滝」を見た後だとイマイチ盛り上がりに欠ける感じです。3ヶ所見るなら最後に「三本滝」を見るのが良いと思います。


帰りは白濁した乗鞍の温泉で汗を流してスッキリ、サッパリしてから帰りましたが、予想以上の清涼感と充実感に大満足の一日となりました。



番所大滝

三本滝

善五郎の滝と乗鞍岳


2018年7月2日月曜日

(7/2)昨晩、パンプローナでジャズのセッション・パーティー
『安曇野ジャズ・ミーティング』が大勢の方々のご参加により賑やかに行われました。


年に1回だけやっていたこのパーティーも10回目を機に
年2回制に増やして、今回で早17回目、夏の開催としては4度目となります。

今回も女性ボーカリストが4名と多かったので、
落ち着いた雰囲気ながらも華のあるセッションに成った様に思います。
四者四様の個性の違いが良く出ていてとても面白く聴かせて頂きました。


でも何より嬉しかったのは、前回まで私一人だけだったギタリストが、
今回は他に2名も参加してくれた事です。おかげで余裕を持って進行とサービスをする事が出来ました。


お忙しい中をご参加下さりました皆様、本当にありがとうございました。
次回はチョッと先になりますが来年1月の終わり頃の予定です。
今回ご参加出来なかった方々も次回は是非ご参加下さいネ~♪


2018年6月28日木曜日

白馬八方池に行って来ました。
大北地域(大町市と北安曇郡)と糸魚川市の住人のみの
無料ご招待ウィーク(何故か最近こういうのが多い、
なんと往復¥2900のゴンドラ・リフト代がタダ!)
いうありがたい企画があって、
お天気も良かったので早起きして
白馬八方まで出かる事にしました。


オリンピック直前、八方のホテルで働いていた頃に
スキーで行ったのが最後だったので、
何と20年ぶりにゴンドラ、リフトと乗り継いで
八方池山荘前に到着したのでした。

平日だと言うのに登山客や観光客が多く
人気の観光スポットだと言う事が良く分ります。


登り始めると、そこここに可愛らしい高山植物達が
可憐な美しさで気を惹いてくるので、
立ち止まって写真を撮るのが忙しく、
その瞬間を狙ってここぞとばかりに虫がたかってくるので、
香取線香持って来れば良かったな~と思っても後の祭りでした。

約1時間程尾根沿いに登って行くと、えっ、もう八方池?!
な、な~んと簡単、早い、でも美し~い!!
まだ残雪のある八方池に白馬三山が映ってとっても綺麗です!

一時間程居ると、登り始めには見えていた山々に
どんどんと雲がかかってきたので下山する事にしましたが、
午前中にはもうゴンドラ前の駐車場まで戻っていました。

本当に便利で早くて楽チンだったのですが、
苦労して登って樹林帯を抜けた時のあの感動が無い登山って
意外と呆気ないものなんだな~と思えてしまったのも事実です。
(だったら、下から歩いて登れよ!とは言われそうですが、、、)

今回は時間が無く諦めましたが、
いつかはその上の唐松岳まで登ってみたいと思います♪

残雪の白馬三山
鹿島槍ヶ岳と五竜岳




ハッポウウスユキソウ
ニッコウキスゲ

八方池

2018年6月23日土曜日

(5/30)初めて「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」に行って来ました!http://www.alpenrose.co.jp/garden/
お客様に尋ねられた時の為にも一度は行っておかないとな~と思いつつも、
すぐ近くなのになかなか行けなかった「ラ・カスタ」でしたが、
松川村と池田町の住人のみに無料開放、、、そしてその日が店の定休日と合致してるという何とも素晴らしい偶然?が重なって、これはもう行くしかないな~と重い腰を上げました。

混雑しそうな午前中を避けて、昼食時間帯に行ってみると、
予想通り駐車場は空かすか、、、すんなりと入る事が出来ました♪

入ってみると思ってた以上にず~っと広くて、
バランス良くレイアウトされた庭園のあちこちに季節の花々が
いっぱい咲いていて、正に花盛り!!

これならちゃんと¥1000の入場料を払っても納得出来るな~と
思える素敵な空間に大満足!!

ゆっくり庭園を眺めながらお茶をしたりして、
久し振りにチョッとした旅行気分を味わう事が出来ました♪♪





2018年6月2日土曜日

当店看板アーチのテイカカズラが満開を迎えようとしています。

今年も可愛らしい風車の様な白い花がいっぱいに咲いて、
ジャスミンの様な素適な香を漂わせています。

まだ蕾もいっぱい残っているので、もう暫くは楽しめそうな感じです。
テイカカズラの花見がてらお食事に来られるお客様も結構多いのではないでしょうか?
皆様のご来店を心よりお待ちしています♪


2018年5月24日木曜日

(5/23)昨日は絶好の五月晴れの中、大町市八坂の大姥山へ行ってみました。

大姥山は標高1003m程の里山なのですが、
その昔安曇族の首領八面大王の赤子を隠れて育てた姥が住んで居たという大きな洞穴があり、その赤子が後に金太郎になって熊と相撲の稽古をしたという伝説があるとかで、そう言えばその近くにある温泉の名前が金熊温泉だったのは、そんな所から来ていたのか、、、と妙に納得したりしながら、金太郎が案内する大姥神社裏から始まる金太郎の散歩道を登り始めました。

が、散歩道と言う呼び名とは随分かけ離れたクサリ場岩登りがこれでもか、、、、と続くかなりハードな急登続きにはビックリ!!

途中、その洞窟へも寄って見ましたが、中の社も壊れていてイマイチな感じでした。

頂上付近では北アルプスの山々や先日登った京ヶ倉やその隣の岩殿山、
その左には聖高原や小川村方面の美しい丘陵等々が見渡せてなかなかの眺望です!
(が、残念な事に今回はミスで写真が有りません)

頂上で昼食をとってから、同じ道を下るのはキツソウだったので、大姥の散歩道側へ下りてみる事にしました。
こちらは道幅もゆったりなだらか~で、正に遊歩道、、、って感じの道です。
(こちらから上がって来て、金太郎側に知らないで下った人はきっと散々な目に遭うと思います)

が、こちらの道は分れ道や不明瞭な道が多く、とても分り辛いのです。
通行不可でも全然問題なく通れたり、逆に書いてなくても崩落していて難しかったり、、、
ピンクのリボンが無くなったり、、、と随分と時間をロスしてしまいました。
(もっとキチンとした表示をして欲しいものです)

終いには大姥の滝の下の方から大姥神社への近道も案内板には記されているのに、
竹薮が倒れまくっていて通行不可能で、泣く泣く撤退して舗装路をぐるっと遠回りして帰る羽目に、、、

キチンとした案内表示や登山道の整備を徹底すれば、とても面白い山になるのに、、、
とチョッと残念な気持ちで帰宅の途につきました。。
現在地すぐ下からお寺のある方へ行く近道は通行不可。

大姥神社。このすぐ裏手にある登山道から登りました。

大姥が住んでいたと言う大穴。社が壊れたままになっている。

こちらが大姥の散歩道。

2018年5月8日火曜日

(5/8)奥さんの実家を売却した際に取り外してきたステンドグラスが
ず~っと納戸に放置されたままになっていたので、
枠を作って居間の壁に飾る事にしました。

このステンドグラスは奥さんの友人が両親をイメージして特別に製作してくれたものなので、勝手にサイズを縮める訳にいかず、かと言ってこれに合わせて窓を作る訳にもいかないので、居間の空いているスペースに飾ってみました。

しかし、ステンドグラスは向こう側に光が無いと全然面白くないので、
多少斜めに出来る様に兆番を付けてみました。(邪魔になるときは壁側に畳んで置けるので、、、)

枠にはめたので、これでバラバラになる心配もなくなってホッと一安心です!
何か不思議な待合所?みたいな感じもしますが、まあその内慣れてくる事でしょう。


畳んだ状態。やっぱり後に光が無いとイマイチな感じです。

(5/1) 遅まきながら斑尾へ山菜採りに行って来ました。
と言っても、今年はかなり暖かだったので、
例年より2週間も早めの決行なのです。

さて現地へ到着してみると、何と除雪した雪が入り口付近を塞いでいて車が入れません。
やむなく川の対岸に駐車してダム?を渡って行く事にしましたが、
結構スリル満点、かなりワイルドな?スタートとなりました。


いつもより2週間早かったので、山ウドだけはまだ充分に育ってませんでしたが、
意外や意外、コシアブラの良い型のものがいっぱい採れて大満足!!


今回は車がいつもの場所に入れなかった為、
やむなく斑尾のオートキャンプ場を借りての昼宴会となりました。

早速コゴミ、ハンゴンソウを茹でて、山ウドの白い部分は刺身で食べましたが、
口の中一杯に広がるそのフレッシュな山の香りと適度な苦味がもうたまりません♪♪

そして、山ウドの葉の部分、タラノ芽、コシアブラ、最後にフキノトウ、、、と、
ドンドンと天婦羅に揚げては食べ、スパークリング・ワイン、地ビール、吟醸酒等と
共にシッカリとお腹に収まっていきました。
(今回は私が運転手だったので、ノンアルコールもので我慢しましたが、、、)


帰路はお気に入りの青木村の田沢温泉「有乳湯」に行ってみましたが、
駐車場がいっぱいだったので、イモ洗い&洗い場争奪戦を避けて、
お隣の「ますや旅館」さんにダメモトで日帰り入浴出来るか聞いてみると、、、
なんとOKとの返事!!

その素晴らし過ぎる泉質と風情溢れる建物に大満足(夕食時だった為か何と貸切状態)!!
なんとも充実の一日と成りました~♪♪
ブナの新緑は歩いているだけで癒されます♪

ちょうど水芭蕉が見頃でした!

左上からコシアブラ、コゴミ、ハンゴンソウ、
タラノ芽、山ウド、フキノトウ

木造3階建ての建物は良く保存されていてとても貴重!

2018年4月29日日曜日

(4/29)庭のマルメロの木が今年は随分といっぱい花をつけました。

一昨日頃、一騎に開花して今日にはもう散り始めています。
この分だとG・W後半頃には散ってしまうかもしれません。

さてG・Wも2日目に入ると流石にご来店になられるお客様の数もグ~ンと増えて、
今日のランチは開店と同時に満席となって、
ご入店出来ないお客様も何組か出てしまいました。
なるべく事前にご予約を頂くか、電話で確認してからのご来店をお願い致します。


2018年4月18日水曜日

(4/18)遅まきながら花見に行って来ました!
先週まで、色々と用事が重なって
花見に行かない内に松川村近辺の桜が散ってしまったので、
北隣の大町市までお花見に出かける事にしました。

湖面に映る桜を一度は見てみたいな~と中綱湖まで行ってみましたが、
まだ一分咲き位だったのでUターンして、
大町市山岳博物館前で花見をする事にしましたが、
何とそこで穂高に住んでいる姉夫婦に遭遇!!

生憎北アルプスには雲がかかっていましたが、
満開の桜が丁度散り始めた頃合で、
急遽5名に増員しての賑やかな良い花見となりました♪♪


2018年4月7日土曜日

昨日(3日)今年初めての山登りに行って来ました!

暫く歩いていないので、先ずは近くて楽な光城山か?!とも思ったのですが、
新しい登山靴を買ったばかりのウチの奥さんが
「変化の多い京ヶ倉がイイ~!!」と言うので、
池田町の隣の生坂村(いくさかむら)にある京ヶ倉という山へ行く事にしました。

京ヶ倉は1000mにも満たない里山ですが、
どっこいゴジラやステゴザウルスの背中の様な
岩場の痩せ尾根が連続している結構ハードな里山、
シーズンにはヒカゲツツジを見る為に登る人も多いそうです。

4月の初めとは思えない暑さで、桜も結構開花しているので、
もしやヒカゲツツジも、、、と村役場の職員さん2名が
HPの為の調査?に登って来ていましたが、
流石にまだチョッと早過ぎたようです。(4月半ば位か?)

その代わりコブシに似たタムシバの花が満開になっていて
春の山の清々しさを感じさせてくれました。
が、如何せん花粉が凄くて、春霞なのか杉桧霞なのか定かでない位、
霞んでしまって、肝心の北アルプスの風景がボンヤリ~としていて残念でした。
(もしかして黄砂かもしれませんね、、、
写真には北アルプスの山々がちゃんと写っていないので、
参考まで.に?5年前に登った時の写真もアップしておきます。)
コブシに良く似ているタムシバ

眼下の犀川もぼんやり、、、

池田町の東山越しに見える北アルプスもぼんやり、、、

因みに5年前の9月に登った時の北アルプス
左奥から常念岳、横通岳、東天井岳、大天井岳、有明山、燕岳