2021年5月2日日曜日

 (5/1)2月にバードフィーダー(鳥の餌台)を設置した時には、 コロナも鎮静化に向かってる様に思えたのですが、変異型の出現で状況は一変!! 又、先の見えない状態に後戻りしてしまったみたいです。 後追いの対策ではなく、先回りの対策をただただ願うばかりです。 さて、そのバードフィーダーのほうですが、設置後1羽の鳥も訪れない日々が続き、 中央の横棒を外したり、両サイドに天然木の止まり木を増設したり、、、 と、色々な対策を取ってみましたが、その効果も見られ無い為、 お客様や友人等のアドバイスから、離れた所からでも良く見える オープン・エアの餌と水飲み皿を置く台を仮設してみる事にしました。

所が、設置してすぐに水飲み皿が下に落ちていてヒマワリの種だけ無くなっていました。 もう一度皿を戻して種を補充してみた所、やはり翌日には又皿が落とされて、 ヒマワリの種だけが無くなっていたのです。 (他にアサの実も入れて置きましたが、こちらは手付かずでした。) 多分、カラスが仮設台にとまって、そこから餌台の中に頭を突っ込んでヒマワリの種を 食べるのに水飲み皿が邪魔なので落っことしてしまうのでは?!と推測。 カラスに毎日の様に水飲み皿を落とされても困るので、 翌日からアサの実だけにしてみると、そのまま残っていて皿も落ちていませんでした。
そして今日、遂に1羽のキジバト君が来訪!! アサの実を食べて、水を飲んで行ってくれました♪
これを契機に、他の鳥達もバード・フィーダーを訪問してくれるとイイのですが、、、

            ↑当初はこんな感じに置いてみたのですが、、、


     








←中央の横棒を撤去、止まり木を増設。
             ↑ 手前に仮設の台を設置してみると、、、







←遂にキジバト君が訪問!!



食後に水も飲んでご満悦の様子↓

 (4/27)休日の朝、目が覚めたら良いお天気なので、 今週もスグに登れて眺めの良い所へ行こう!と 先日登った冠着山のすぐ隣の聖山(ひじりやま1447m)へ登ってみる事にしました。

登山口が幾つかあって、今回は比較的楽そうな三和峠からのコースをチョイス。 道幅も広くゆったりとした歩きやすい尾根道を1時間チョイ程歩いて山頂に着くと、 頂上には3名先客が居ました。聞くと山頂のすぐそばまで車で来れるんだそう、、、 360度ぐる~っと見渡せて眺めは良いのですが、 惜しむらくは電波塔が3本程立っていて折角の景観を 台無しにしているのがチョッと残念でした。 それでも先週登った冠着山よりも200m近く高いので、 八ヶ岳や新潟、群馬方面の山々まで見渡せて充実のランチ・タイム! 下山途中でカタクリやコバイケイソウの群生地を見つけたりして盛り上がり、 帰路幾つかある池や湖を見ながら大岡村方面へと下りて行くと、 大岡村からの北アルプスの眺めや西日に映える木々の何と美しい事!! 思いっきり得した気分いっぱいで家路に着きました。
左から戸隠、高妻山、妙高、黒姫、飯綱等の山々

    下は大岡村から見た鹿島槍ヶ岳と新緑