2021年9月25日土曜日

 (9/21)四阿屋山(あずまやさん1,387m)へ行って来ました。 4年前に登った長野県と群馬県の境にある百名山の四阿山( 2,354 m)とは別の山で、 割と近くの筑北村にある里山です。が、何故か今まで登った事が無く、 調べてみると途中の展望場所からの北アルプスの眺めがとても良いとの事。 早速出かけてみましたが、登山口までの道が分かり辛く、 やっと見つけた登山口(中村登山口)には 『茸止山につき入山禁止』の張り紙が、、、!!

でもせっかく来たのに登らない手も無いので、 登山道から外れないでキノコを採らなければ問題無いだろう、、と解釈して登山開始! 登り始めてすぐに御嶽山石仏群の表示がありましたが、 後に回して山頂を目指す事にしました。 途中一組のカップルとすれ違いましたが、その後すぐに見晴らし台に到着。 なるほど北アルプスが端から端までずら~りと見渡せます。 (ちょっと離れてますが、、、)
後立山連峰の北側部分に雲がかかっていたのが残念でしたが、 槍ヶ岳の小槍までハッキリと見えたのには驚きました。 1時間ほどでこれだけの景色が見れるのは結構穴場かもしれません。 その後山頂まで行ってみましたが、 神社がありそこから冠着山や善光寺方面が見える位でそれ程でもないので、 見晴らし台に戻ってランチタイムにしました。 下山途中で後回しにしていた石仏群を見に違うピークへ登りましたが、 これが結構キツくて、なかなか良いトレーニングなりました。 帰路にすぐ近くの『大切通し』(おおきりとおし)へも寄ってみましたが、 手掘りで切り通した昔の人の熱意とパワーに感心させられました。









←中央に常念岳。左に穂高岳。 ↓槍ヶ岳の右に小槍も見えます!









←中央に北葛岳、右に針ノ木岳と蓮華岳 ↓爺ヶ岳と鹿島槍ヶ岳









←御嶽山石仏群 ↓大切通し


2021年9月4日土曜日

 (8/31)先週に引き続き滝を見に行こう! でも、先週はいっぱい運転して疲れたので、、、と、 ウチから一番近い松川村馬羅尾(ばろう)高原の 有明山登山道途中にある「不動の滝」へ向かいました。 この登山道は途中で何ヵ所か川を渡渉しなければならず、 何年か前に途中まで行って増水の為に断念し引き返した苦い思い出のある滝です。 今回も梅雨明け頃の大雨で「 渡渉箇所が流失している可能性があります」との立札があり、 若干の不安を抱えながら家から20分程で着く雨引山登山口駐車場を出発しました。 (現在有明山登山口駐車場までは通行止) スタートしてすぐに一人の男性が「道が良く分からなくて、、、」と 引き返して来ました。 もう少し行ってみてダメなら帰ろう、、、と半ば諦めかけた時に、} 目印のピンクリボンを発見!!

その後何度も見失っては、あっちでもない、こっちでもない、、、 と2時間半程歩いて何とか不動の滝に到着。 大きな一枚岩を透明で綺麗な水が勢いよく流れ落ちていてなかなか立派な滝です! もう少し登山口から近ければ人気になりそうですが、 逆にこれだけ歩かなければ見れないから価値があるのかも、、、 山奥でひっそりと流れ落ちる滝の水は冷たくてとても美味しかったです♪



2021年9月1日水曜日

 (8/26)夏休みを頂いて、毎夏恒例の海に沈む夕日と魚介類堪能キャンプへ!と、 とても楽しみにしていたのですが、富山県蔓延防止処置の為にキャンプ場が閉鎖、 急遽予約を入れた新潟県のキャンプ場も、長野県外への移動自粛要請が出てしまった為 止む無くキャンセル。今年の夏のお楽しみは呆気なく水泡と化してしまいました。

お天気も曇り時々雨との事で、山登りする気にもなれず、 急遽作戦変更して滝巡り&温泉コースへ、、、と 群馬寄りの高山村まで足を延ばす事にしました。
高山村の秋川渓谷は紅葉が有名で7年前に紅葉見物に出かけて 人の多さに圧倒されて帰って来た思い出があります。 お盆も終ったオフ・シーズンなので、今なら?と思い高山村へと向かった筈でしたが、 グーグルマップの入力ミスであらぬ方向へ向かってしまい1時間以上もタイムロス。 3つある滝の一番奥にある七味大滝は諦めて、大本命の雷滝へ直接向かいました。 ここは駐車場から僅か5分程遊歩道を下っただけで滝の裏側へ入って見れるのですが、 その水量と轟音と迫力には本当に圧倒されました。 こんなに楽して見れる大滝は初めてです。
←下りて行くと滝の裏側に、、、

着いた時には他に誰も居なかったのでノンビリとカメラを向けていましたが、 5人程どやどやと下りて来たので慌ててマスク着用して退散、直ぐ近くの「滝の湯」へ。
渓谷まで下りた所にある大きな露天岩風呂(混浴、内湯は男女別)のある温泉で、 以前に行ったその先の七味温泉の様な白濁した泉質とは違って 透明で湯の華がいっぱい!タイプのお湯でした。
折よく他の入浴客がいなかったので、夫婦二人で大きな露天岩風呂を貸し切りで贅沢に利用。 着替えていると男性二人が入って来たので今回もグッド・タイミング!でした。 とっても良い雰囲気の温泉なのですが、すっかり温まったが為に、 駐車場までの登り道で又汗をかいてしまう所が難点でしょうか、、、
帰り道すがら、八滝(やたき)へ寄って、滝を眺めながら遅い昼食をとりましたが、 落差180mもある大きな滝でも遠くからしか眺める事が出来ないので、 ちっとも迫力を感じられない所が残念。やっぱり滝は近くで見るのが一番の様です♫  八滝の一部分→

2021年8月10日火曜日

 (8/3)真面目に?降り続いた今年の梅雨と、 あまり効果の期待出来ない?ワクチン接種で休日がつぶれたり、、、と、 すっかりご無沙汰していた山登りへ久々に(2ヵ月振り?)出動しました。 場所は駒ケ根市と伊那市にまたがる「戸倉山」(とくらやま1680.7m)で、 昨年秋に登った糸魚川の「戸倉山」(とぐらやま975.6m)とは別の山です。 別名「伊那富士」とも呼ばれている二つのピークを持つ双耳峰の山ですが、 安曇野の「有明山」と同じ屏風型の薄い形状なので 90度違うとまるで富士山の様には見えないと言う、 見る場所によっては有難味のある?山なのです。 丁度南アルプスと中央アルプスの間に位置しているので、 1時間半程で登れる低山ながらその両方を一度に楽しめてしまう、、、 と言うお得感に惹かれて、高速を飛ばして遥々と駒ケ根市まで足を延ばしました。 が、事もあろうに丁度3000m位の所に雲がかかっていて、 肝心の3000級の山々が連なる南アルプスの山々の頂きはスッポリと雲の中、、、 中央アルプスも宝剣岳や空木岳はかろうじて見えましたが、 木曽駒ケ岳などには雲がかかっていてガッカリ、、、 雨こそ降られませんでしたが、日頃の行いの良さを発揮しきれずにトボトボ、、、と 下山して出発点のキャンプ場へと戻りました。 折からの暑さですっかり汗みどろになってしまったので、 帰路に高遠の「さくらの湯」に、、、 「ぬるぬるの湯」との事なので、 ぬるいお湯なら暑いこの時期でもゆっくり入れてイイかな、、、と思っていたら、 お湯が肌にヌルヌルと纏わりつく泉質でした。 ヌルヌル、スベスベの湯は何度か入ってますが、 ここまでのヌルヌル感は初めてです。 でも、しっかりと汗を流してサッパリ~!として帰路に着く事が出来ました♪

                        





←お目当ての南アルプスの山々は雲の中。   ↓右上に宝剣岳、左端に空木岳。





2021年8月5日木曜日

 (7/20)梅雨が明けていきなり暑くなって来たので、山登りは一時休止にして、 見て涼しくマイナス・イオンたっぷり~の滝巡りに行こう!と 長野県のすぐ隣の新潟県妙高市まで足を延ばしてみる事にしました。

ここには日本百名瀑の惣滝と苗名滝の二つがあって、 ついでに以前から行ってみたかった秘湯「河原の湯」にも入ってしまおう! と言う欲張り納涼大作戦です。 行きは小川村~鬼無里~戸隠周りでの山岳コースで 2時間半程ドライブをしてお昼頃に到着。 燕温泉の駐車場に車を停めてから惣滝へ。 落差80mあると言うだけあって流石にド迫力です! 帰り道に寸志で入れる「河原の湯」へ立ち寄ると、 お昼頃だったせいか男性1名がちょうど着替えて帰る所だったので、 久し振りに貸し切りで白濁したぬるめのお湯に夫婦で浸かる事が出来ました。  ただ、やたらとアブが多くて、備え付けのハエ叩きで アブを追い払いながらの入浴はチョッと疲れました。 着替えた頃にもう一組カップルがやって来たので、 アブに注意してね!と伝えてそこを後にしましたが、 途中で4人もすれ違ったので、良いタイミングで入れてとてもラッキーでした♪ その後駐車場近くの「黄金の湯」(こちらは男女別の浴槽、寸志)にも 欲張って立ち寄ってみましたが、湯温が熱い上に日陰も無いので 暑くてゆっくり入っていられませんでした。(アブこそいませんでしたが、、、)

お昼ご飯がまだだったので、苗名滝へ行ってから食べよう!と向かったのですが、 おバカなカーナビに騙されて大いに迷い、腹はたつし、減るしで散々な目に遭いました。 何とか辿り着いた苗名滝は落差55mながら水量がとても多くてなかなかの大迫力! 滝を見てから持参のおにぎりで遅い昼食をとり、 帰路は高速で帰りましたが、行きの半分程の時間で無事に帰る事が出来ました。         惣滝⇒

             河原の湯⇒ 

  黄金の湯⇒
                      
                       ↓苗名滝

2021年6月18日金曜日

 (6/8)雁田山(かりたやま759m)に登る為に 久し振りに小布施まで行って来ました。 20数年前に観光で訪れて以来、 その後は通り過ぎるばかりで本当に久しぶりの訪問です。

葛飾北斎晩年の天井絵「八方睨み鳳凰」と 小林一茶「やせ蛙まけるな一茶これにあり」を詠んだ 蛙合戦の池がある事で有名な岩松院と言うお寺の駐車場に車を停めて、 その裏手にある登山口から時計周りに登ってみる事にしました。 が、いきなり急登が続いて苦戦! それでも日本海側から吹く爽やかな風が気持ち良く、 色んな花々や様々な形状の岩のある変化に富んだコースだったので 楽しみながら歩く事が出来ました。 気温が高かったせいか霞がちで、北アルプスは薄ぼんやりでしたが、 北信5岳や千曲川、小布施の田園風景が見渡せました。 3時間?程歩いて一回りしてから岩松院へ立ち寄り、 北斎晩年の大作を拝観しましたが、 160年以上経った今でもパワーを発し続ける天才北斎の力強い美しさには 驚かされるばかりでした♪ (写真撮影は不可なのでこちらを→https://www.gansho-in.or.jp/  尚、今回歩いた所は案内板にハイキングコースと表示されてますが、 かなりキツイコースなのでご注意を!)          

                        ←ポテトチップスを重ねた様な岩稜帯


  左に斑尾山、右に高社山、中央に千曲川


左に黒姫山、右妙高山、間に火打山。






2021年6月5日土曜日

 (6/2)天気が良いのですぐに登れて眺めの良い所へ!と、 松本、諏訪、長門町に跨る三峰山(みつみねやま1887m)へ行ってみました。 昨年11月に行った鉢伏山~二ツ山のすぐ隣の山で、 今回はビーナスライン三峰展望台からの超楽チンコースです。 松本方面からビーナスラインに入ると、いきなり視界が開けて、 バイクが多いのも頷けるとっても気持ちの良い天空のドライブ・コースに入ります♪  三峰展望台駐車場からは見晴らしの良い登山道をゆっくりと登りましたが、 それでも25分程で山頂に着いてしまいました。 しかし、そのあっけ無さとは裏腹になんとも素晴らしい眺めにビックリ!! 北に美ヶ原、白馬三山から穂高連峰までの北アルプス、 乗鞍岳、御嶽山、中央アルプス、南アルプス、八ヶ岳、 東に浅間山~四阿山あたりまでぐる~っと360度見渡せるのです。 こんなに楽に登れて景色の良い所はそうないのでは?! 登山をしない人でも子供連れでも大丈夫だと思います。 (見晴らしが良いので道に迷う事も無いでしょう) 山頂では3人の登山客に会いましたが、ゆっくりと景色を楽しむ事が出来ました。 が、ちっともお腹が空いていなかったので、 車ですぐ近くの八島ヶ原湿原へ向かいそちらでランチをする事に、、、 しかし、レンゲツツジやクリンソウ等の花の時季にはチョッと早かったので、 黙々と板道を歩いて御射山神社まで行った辺りでランチにして、 その後観音沢トレッキングコースという所を歩いてみましたがそれ程面白くもなく、 わざわざ来る程の所でも無いな~と言っていたらワラビを発見! いきなり山菜採りモードに切り替わって盛り上がってから戻りましたが、 花の季節には又訪れてみたいと思います♪







2021年5月20日木曜日

 (5/11)今年も斑尾へ山菜採りに行って来ました! 暖かくて雪が少なかった様なのでチョッと遅いかも?と心配しつつも、 今回は山菜取りが初めて、、、というYさんが参加して 総勢3名の少数精鋭部隊?で出動しました。 、、、が、やっぱりチョッと遅かったみたいで、コゴミはひょろひょろ、 フキノトウは花が咲いてて、タラの芽は枝へと成長していました。 それでも日陰の雪解けの遅い所にはまだ出遅れ者が結構いたので、 少量ずつながら全10種類、今までで一番最多の種類を達成!! その上終了後に駐車場脇で調理していたら、 地元の方からイラクサとウドフキまでいっぱい頂いたので、 何と11種類もの山菜が出揃い、まるで山菜の大図鑑みたいな感じに成りました。

先ずは山ウドの茎を生を味噌で(採りたてはアクが無い)。 コゴミ、ハンゴンソウ、ウドフキ、イラクサは軽く茹でて、 マヨ醤油や鰹節醤油等で頂き、 山ウドの葉、山ブドウの新芽、タラの芽、コシアブラ、フキノトウ、、、と、 どんどんと天婦羅にしては食べ、食べては飲んで、、、 と至福のひと時を味わい食べ尽くしたのでした。 一通り食べた所で陽が傾いて気温が下がって来たので、
そそくさと撤退して中野市の「ぽんぽこの湯」と言う所へ行ってみましたが、 折よく日没のグッドタイミング!
露天風呂からの北信5山の美しい夕暮れ風景が美しく、 冷えた身体もすっかり温まったので何とも言う事なしの一日となりました。
(尚、今回の写真は全てYさん撮影のものを使わせて頂きました。)

←水芭蕉の花が咲き始めていました。









↓ ブナ林に咲くミヤマカタバミの花















↑ 本日の収穫。(左から山ウド、ワラビ、コゴミ、コシアブラ、フキノトウ、ハンゴンソウ、山ブドウの新芽、コシアブラ、タラの芽。ウドフキが映ってないが少々の10種類)

2021年5月2日日曜日

 (5/1)2月にバードフィーダー(鳥の餌台)を設置した時には、 コロナも鎮静化に向かってる様に思えたのですが、変異型の出現で状況は一変!! 又、先の見えない状態に後戻りしてしまったみたいです。 後追いの対策ではなく、先回りの対策をただただ願うばかりです。 さて、そのバードフィーダーのほうですが、設置後1羽の鳥も訪れない日々が続き、 中央の横棒を外したり、両サイドに天然木の止まり木を増設したり、、、 と、色々な対策を取ってみましたが、その効果も見られ無い為、 お客様や友人等のアドバイスから、離れた所からでも良く見える オープン・エアの餌と水飲み皿を置く台を仮設してみる事にしました。

所が、設置してすぐに水飲み皿が下に落ちていてヒマワリの種だけ無くなっていました。 もう一度皿を戻して種を補充してみた所、やはり翌日には又皿が落とされて、 ヒマワリの種だけが無くなっていたのです。 (他にアサの実も入れて置きましたが、こちらは手付かずでした。) 多分、カラスが仮設台にとまって、そこから餌台の中に頭を突っ込んでヒマワリの種を 食べるのに水飲み皿が邪魔なので落っことしてしまうのでは?!と推測。 カラスに毎日の様に水飲み皿を落とされても困るので、 翌日からアサの実だけにしてみると、そのまま残っていて皿も落ちていませんでした。
そして今日、遂に1羽のキジバト君が来訪!! アサの実を食べて、水を飲んで行ってくれました♪
これを契機に、他の鳥達もバード・フィーダーを訪問してくれるとイイのですが、、、

            ↑当初はこんな感じに置いてみたのですが、、、


     








←中央の横棒を撤去、止まり木を増設。
             ↑ 手前に仮設の台を設置してみると、、、







←遂にキジバト君が訪問!!



食後に水も飲んでご満悦の様子↓

 (4/27)休日の朝、目が覚めたら良いお天気なので、 今週もスグに登れて眺めの良い所へ行こう!と 先日登った冠着山のすぐ隣の聖山(ひじりやま1447m)へ登ってみる事にしました。

登山口が幾つかあって、今回は比較的楽そうな三和峠からのコースをチョイス。 道幅も広くゆったりとした歩きやすい尾根道を1時間チョイ程歩いて山頂に着くと、 頂上には3名先客が居ました。聞くと山頂のすぐそばまで車で来れるんだそう、、、 360度ぐる~っと見渡せて眺めは良いのですが、 惜しむらくは電波塔が3本程立っていて折角の景観を 台無しにしているのがチョッと残念でした。 それでも先週登った冠着山よりも200m近く高いので、 八ヶ岳や新潟、群馬方面の山々まで見渡せて充実のランチ・タイム! 下山途中でカタクリやコバイケイソウの群生地を見つけたりして盛り上がり、 帰路幾つかある池や湖を見ながら大岡村方面へと下りて行くと、 大岡村からの北アルプスの眺めや西日に映える木々の何と美しい事!! 思いっきり得した気分いっぱいで家路に着きました。
左から戸隠、高妻山、妙高、黒姫、飯綱等の山々

    下は大岡村から見た鹿島槍ヶ岳と新緑                



2021年4月23日金曜日

 (4/20)天気が良いので、千曲市と東筑摩郡筑北村にまたがる 冠着山(かむりきやま1252m)に登ってみました。 別名、姨捨山(おばすてやま)とも呼ばれていて、 姨捨伝説や古くから名月と棚田で有名な山で、古今和歌集や松尾芭蕉、 小林一茶等多くの歌が詠まれているんだそうです。 登山口が幾つかあって、今回は北側の坊上平登山口から登ってみました。

良く手入れのされた明るい林の中を登って行くとアズマイチゲやエンゴサク、 私の大好きなカタクリの花などがそこここに咲いていてなかなか良い感じの登山道です。 途中分岐を間違えてボコダキ岩へは行けなかったのがチョッと残念でしたが (表示板が無い為)1時間弱程で山頂へ到着。

急に暑くなったせいか遠くが霞んでいましたが、
良く晴れた日には南アルプスや富士山まで見通せるんだそう、、、
秋晴れの頃にでも又来てみたい所です。

それでも、蓼科山、浅間山、四阿山や根子岳、千曲川や善光寺平、北には斑尾山、 黒姫山、妙高山、高妻山、戸隠山、頚城連峰、後立山連峰などが見渡せて 標高が低い割にはとっても得した感いっぱいの素適な山でした。 
←アズマイチゲ    カタクリ↓



←ボコダキ岩
姥捨て伝説はこちらを、、、→http://occult.xxxblog.jp/archives/2803026.html